腰部脊柱管狭窄症の改善法|適切な治療でいつまでも若いカラダ

医者

自宅で安心して療法

介護

病院に入院するのではなく、在宅医療が注目されています。特に世田谷区では盛んに行われていると言われていますが、医師や専門医のサポートがしっかりしているので心配することはないでしょう。

More…

定期的な検査

夫婦

怖い病気の一つとして、すい臓がんが挙げられます。まずは病院へ行って検査を受けるようにしましょう。進歩した日本の医学に任せれば、小さなポリープでも見落とすことなく発見してくれるはずです。

More…

不調に合わせる

医者と看護師

城東区を始め、多くの患者が内科を訪れていますが、専門外来が用意されているので適した選択が必要です。手術が必要な場合は外科を紹介される事になるでしょう。また、胃腸科と呼吸器科について知っておきましょう。

More…

原因は加齢

ハート

腰部脊柱管狭窄症という病気は、文字だけで判断すると腰に大きな負担がかかると思われがちです。しかし、症状は腰に集中しているわけではなく、脚全体に行き渡るので病状が進むと歩行も困難になると言われています。腰の病気として注目されているのがもう一つあり、腰椎椎間板ヘルニアが挙げられます。この二つの違いについてですが、腰部脊柱管狭窄症は高齢が進むにつれて出てくる可能性が高い病です。どんなに健康でも、加齢と共に骨やそれを繋ぐ関節、そして椎間板などには様々な負担が重く圧し掛かっているものです。ですので、腰部脊柱管狭窄症になった際には正しく治療していく必要があるのです。

腰部脊柱管狭窄症になると、最も恐れるのは歩行が難しくなる事ではないでしょうか。腰椎椎間板ヘルニアは腰の痛みが主となりますが、この病は脚全体に痛みが走るので歩行の動作が難しくなり、結果的に歩行が困難となるのです。また、同時に間欠性跛行という症状も現れます。腰を後屈させると痛みが増すので、安静にしておく必要があるでしょう。脚に張り巡らされている神経が狭くなるので、背筋を伸ばした状態よりも前かがみの体勢を選んだ方が痛みが緩和されて楽になります。こうした態勢をとりながら歩行を進むことを、間欠性跛行と言います。横になっていると楽ですが、歩行も運動の一つですので無理のない程度に間欠性跛行を試しましょう。治療法はもちろん存在します。症状の進行具合にも寄りますが、病院へ行くと手術での治療を勧められます。症状緩和の為に検討しましょう。